証拠金が少なくても大丈夫?

77fsdf 『証拠金』とは、バイオプに代表されるようなFXやバイナリー業者に口座を開設した際、そこへ担保として預け入れる保証金の事をさします。『レバレッジ』を用いれば、証拠金の何倍、何十倍…という大金を運用する事が出来ますので、証拠金の金額はそれほど入金されていなくても問題ないのです。一般的に多くのFX業者は、取引金額の数%~数10%程度の証拠金を受け付けています。 実際の取引に必要な証拠金、必要証拠金の金額は、FX業者によってそれぞれ異なるので注意が必要です。口座に入金された証拠金は『取引証拠金』と呼ばれています。

例えば、US$で1万通貨(=1万US$)を取引する時、必要証拠金を5万円に設定している業者もあれば、10万円に設定している業者も存在します。差金決済といって、取引で生じた利益だけを取引証拠金に加算する方式が採用され、取引額全額を証拠金から拠出せずFX取引で生じた損益分の金額の出し入れのみに充当されるのです。差金決済によって、利益分が取引証拠金に加算されます。また為替差損が生じてしまった時には、損失分が取引証拠金から差し引かれてしまうということになります。損益が同額の場合、取引証拠金と有効証拠金の額は同額となります。この時、為替差損益を取引証拠金に加減した金額が『有効証拠金』です。

FX取引の初心者は、ローリスクローリターンでの取引から行った方が無難です。例えば、『為替レートが1$100円、取引証拠金が100万円で・1万通貨(1万ドル)100万円相当の取引』を行うならばレバレッジは1倍、為替差損益も利子も1倍、とするのが安心です。高レバレッジに比べギャンブル性は低く、大儲けなできないかもしれませんが…まずは小さな利益から。経験を積んでFX取引になれてから、レバレッジの倍率を高めていけばより安全に、より大きな利益を生じさせて行く事も可能となってくるのではないでしょうか。最近ではバイナリーでもデモ口座が使えるHighlow.netのレバレッジ取引ができるところもあります。最初は無理なく、がFXで失敗しない基本条件なのです。